「自転車旅に、ワクワクを」をコンセプトに、自転車旅に関する情報をお届けします。

自転車キャンプのマットの選び方は?テント泊でおすすめの軽量マット14選!

マットサイクリング×キャンプ

自転車旅やキャンプツーリングのマット選び。これからキャンプを始める方は、どのマットを買えばいいのか気になりますよね。

自転車キャンプ初心者からすると、バックパックに外付けする「ウレタンマット」コンパクトな「エアーマット」は、どっちがいいの?と迷われる方も多いはず。

  • ウレタンマットは荷物がかさばるし、ロードバイクで持ち運びできるのかな…
  • エアーマットは収納しやすいけど、破れて空気が抜けることもあるって聞いたし…

など、キャンプで使うマットには、それぞれメリット・デメリットがあります。

この記事では、これから自転車旅やキャンプツーリングでテント泊を始める初心者向けに、キャンプマットの役割や重要性、種類、選び方のポイント、おすすめの軽量マットを紹介します。

スポンサーリンク
  1. 自転車キャンプにマットはいらない?いや、快眠のために絶対必要!
    1. キャンプの睡眠に必要な道具はテント・寝袋・マット
    2. キャンプマットとは?=テントと寝袋の間に敷くもの
    3. キャンプマットの役割=快適な寝心地
  2. キャンプマットのタイプ・種類とメリット・デメリット
    1. 銀マット(発泡マット)
    2. ウレタンマット(発泡マット)
    3. エアーマット(エア注入式マット)
    4. インフレーターマット(エア注入式マット)
  3. 自転車キャンプマットの3つの選び方
    1. 選び方①キャンプ場の地面にあわせて選ぶ
    2. 選び方②キャンプの時期にあわせて選ぶ
    3. 選び方③パッキングスタイルにあわせて選ぶ
  4. 自転車キャンプでおすすめの軽量マット14選!
    1. 【銀マット】CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)│シルバーキャンピングマット
    2. 【銀マット】BUNDOK(バンドック)│アルミロールマット
    3. 【ウレタンマット】CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) │EVAフォームマット
    4. 【ウレタンマット】THERMAREST(サーマレスト) │Zライトソル
    5. 【ウレタンマット】BUNDOK(バンドック) │フォールディングマット
    6. 【ウレタンマット】mont-bell(モンベル) │フォームパッド
    7. 【エアーマット】Naturehike(ネイチャーハイク) │インフレータブルスリーピングマット
    8. 【エアーマット】THERMAREST(サーマレスト)│ネオエアー トレッカー
    9. 【エアーマット】Volador│キャンピングマット
    10. 【インフレーターマット】KLYMIT(クライミット)│INERTIA-O zone
    11. 【インフレーターマット】NEMO(ニーモ・イクイップメント)│ZOR™ 20R
    12. 【インフレーターマット】mont-bell(モンベル)│U.L. コンフォートシステム アルパインパッド25
    13. 【インフレーターマット】THERMAREST(サーマレスト)│トレイルスカウト
    14. 【インフレーターマット】ISUKA(イスカ)│ピークライトマットレス
  5. サイト地面に注目!自転車キャンプでおすすめのキャンプ場【関東】
    1. 芝生のキャンプ場
    2. 土・砂のキャンプ場
    3. 河原・砂利のキャンプ場
  6. まとめ

自転車キャンプにマットはいらない?いや、快眠のために絶対必要!

荷物の軽量化が求められる自転車キャンプでも、テント泊でマットは必要です。

ここでは、睡眠に必要な道具や、そもそもキャンプマットとは何なのか、役割を説明します。

キャンプの睡眠に必要な道具はテント・寝袋・マット

dod (12)
荷物がかさばるのを避けたいからといって、自転車キャンプではテントと寝袋さえあればいいと思っていませんか?

自転車キャンプの睡眠は、疲れた身体を休めるためにも極めて重要です。マットがなくては次の日のツーリングに影響を及ぼします。

テント泊では、3つの道具が必要不可欠です。

  • テント
  • 寝袋
  • マット

快眠のためには、テント泊での寝心地に注意したいところです。

 

キャンプマットとは?=テントと寝袋の間に敷くもの

キャンプマットは、インナーマットやスリーピングマットとも呼ばれています。テント泊では、キャンプマットの上で寝袋にくるまって寝るのが一般的です。

キャンプマットの役割=快適な寝心地

インナーマット
テント泊でマットを使う理由を紹介します。マットには大きく2つの役割があります。

役割①地面の凸凹から守る

マットの上で寝ることにより、地面の凸凹を吸収することができます。キャンプ場の地面はさまざまです。芝生であれば地面の凸凹は少し軽減されますが、たいていは石が転がっていたり、地面が平らではなかったりします。

そのため、マットなしで寝袋だけで寝てしまうと、凸凹部分が気になり快眠の質が下がるだけでなく、地面の凸凹をもろに身体で受け止めることになるため、身体を痛める可能性もあります。

役割②地面の底冷えから守る

マットは地面の凸凹を吸収するだけでなく、断熱効果もあります。夏の地面の暑さや春、秋、冬の地面の冷たさを遮断してくれます。

マットには、断熱力を表す「R値」というものがあり、マットの種類やメーカーによってR値は変わります。R値が高いと断熱力が高くなるため、マット選びの際は、R値にも注目しましょう。

R値:断熱性を表す数値のこと。数値が高いほど、寒さに強い。

では次に、マットの種類とメリット・デメリットを紹介します。

キャンプマットのタイプ・種類とメリット・デメリット

マットのタイプには、「発泡マット」と「エア注入式マット」があります。

  • 発泡マット:広げるだけで、すぐに使うことができる
  • エア注入式マット:空気でマットを膨らます必要がある

それぞれにメリット・デメリットはありますが、自転車キャンプのスタイルにあわせて、適切なキャンプマットを選びましょう。

マットの種類は4つあります。

価格帯(目安)メリットデメリットこんな人向け
銀マット
(発泡マット)
~1,000円・価格が安い
・かなり軽い
・広げてたたむだけでラク
・断熱性・クッション性はあまりない
・荷物がかさばる
・枕が必要
快適さを無視して、どこでも寝れる人
ウレタンマット
(発泡マット)
2,000円~6,000円・価格が安い
・かなり軽い
・広げてたたむだけでラク
・断熱性・クッション性が銀マットよりも優れている
・荷物がかさばる
・枕が必要
銀マットよりも快適さを求める人
・バックパックスタイルの人
エアーマット
(エア注入式マット)
3,000円~6,000円・クッション性・断熱性が高い
・枕付きのタイプもある
・コンパクトで収納しやすい
・空気の調整が必要で面倒
・空気が抜ける可能性あり
・パンクして穴が空くと使えない
睡眠の快適さを求める人
・パッキングの収納性を重視する人
インフレーターマット
(エア注入式マット)
7,000円~20,000円・自動膨張型でラク
クッション性・断熱性が高く、寝心地が良い
・コンパクトで収納しやすい
・価格が高い
・重量が若干重い
費用をかけてでも睡眠の質を重視したい人

銀マット(発泡マット)

キャプテンスタッグ_シルバーキャンピングマットCAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)│シルバーキャンピングマット

アルミ素材の格安マットです。厚さも薄く、非常に軽量です。

  • メリット:重さ200~300g前後で軽量。広げるだけで使用可。価格がかなり格安。
  • デメリット:厚さが薄いため寝心地は微妙で断熱性も低い。バックパックの外付けで持ち運ぶ必要があり、荷物がかさばる。丸みを帯びてしまう。枕がない
旅人感を求めるバックパックスタイルの自転車キャンパー向け。どこでも寝られるタイプが望ましい。

ウレタンマット(発泡マット)

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) │EVA フォームマットCAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) │EVAフォームマット

銀マットよりもクッション性の高い、ウレタン(スポンジの一種)のマットです。

  • メリット:銀マット同様に軽量で、断熱性・クッション性が銀マットよりも優れている。価格も安価で広げるだけで使用可。
  • デメリット:バックパックの外付けで持ち運ぶ必要があり、荷物がかさばる。枕がない
銀マットよりも快適さを求めるバックパックスタイルの自転車キャンパー向け。

エアーマット(エア注入式マット)

Volador│キャンピングマット
Volador│キャンピングマット

空気を入れて膨らますマットです。空気の入れ方には口で吹き込むタイプと手で押して膨らますタイプがあります。

  • メリット:空気のベッドでクッション性・断熱性が高い。枕付きのタイプもあるコンパクトで収納しやすい
  • デメリット:自分で空気を入れる・抜く必要があるため面倒。寝ている間に空気が抜けて目が覚めることも。パンクして穴が空くと使えない。
睡眠の快適さとパッキングの収納性を重視する自転車キャンパー向け。

インフレーターマット(エア注入式マット)

KLYMIT(クライミット)│INERTIA-O zoneKLYMIT(クライミット)│INERTIA-O zone

空気が自動的に入って膨張するマットです。自動膨張型といわれています。

  • メリット:自分で空気を入れる必要がない。クッション性・断熱性も高く、寝心地が良い。コンパクトで収納しやすい。
  • デメリット:価格が高い。重量が若干重い。
費用をかけてでも睡眠の質を重視したい自転車キャンパー向け。

自転車キャンプマットの3つの選び方

マットは睡眠時の快適性が重視されるだけではありません。自転車キャンプの場合は、超軽量×コンパクトといった、重量・収納性がポイントになります。

自転車キャンプのマットの選び方は3つあります。

選び方①キャンプ場の地面にあわせて選ぶ

氷川キャンプ場 (3)
キャンプ場の地面には3つのタイプがあります。寝心地の良さを求める場合は、芝タイプがおすすめですが、河原・砂利タイプのキャンプ場は、地面がかなり凸凹しているため、マットに快適性をもたせる必要があります。

  • 芝:寝心地/良い→軽さ重視で銀マットがおすすめ
  • 土・砂:寝心地/普通→軽さと快眠重視でウレタンマットがおすすめ
  • 河原・砂利:寝心地/悪い→快眠重視でエア注入式マットがおすすめ

 

 

選び方②キャンプの時期にあわせて選ぶ

キャンプ
キャンプに行く時期・季節に注意しましょう。夏であれば心配ありませんが、春や秋、特に冬は寒さが増すため、地面からの底冷えを回避する必要があります。

  • 夏:200g~300gの軽量化されたマットがおすすめ
  • 春、秋、冬:R値2.1以上(冬は3.3以上)のマットがおすすめ

R値:断熱性を表す数値のこと。数値が高いほど、寒さに強い。

選び方③パッキングスタイルにあわせて選ぶ

自転車旅・キャンプツーリングのパッキングスタイルで、バックパックを背負うか否かで持ち運びできるかどうかが決まります。

  • バックパックを背負う:外付けできることが条件で軽さ重視の発泡マットがおすすめ
  • バックパックを背負わない:コンパクトさ重視でエア注入式マットがおすすめ

 

 

自転車キャンプでおすすめの軽量マット14選!

自転車キャンプで使うおすすめのマットを紹介します。

【銀マット】CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)│シルバーキャンピングマット

キャプテンスタッグ_シルバーキャンピングマット
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)│シルバーキャンピングマット

重量520g
収納サイズ約15φ×100cm
使用時サイズ200×100×0.8cm
R値
価格1,035円

➾CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)│シルバーキャンピングマット

【銀マット】BUNDOK(バンドック)│アルミロールマット

バンドック_アルミロールマット
BUNDOK(バンドック)│アルミロールマット

重量250g
収納サイズ60×15.5×15.5cm
使用時サイズ180×60×0.8cm
R値
価格972円

➾BUNDOK(バンドック)│アルミロールマット

【ウレタンマット】CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) │EVAフォームマット

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) │EVA フォームマット
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) │EVAフォームマット

重量270g
収納サイズ56×13×12.5cm
使用時サイズ182×56×2cm
R値
価格2,079円

➾CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) │EVAフォームマットの詳細を見る

【ウレタンマット】THERMAREST(サーマレスト) │Zライトソル

THERMAREST(サーマレスト) │Zライトソル レギュラー
THERMAREST(サーマレスト) │Zライトソル

重量410g
収納サイズ51×15×13cm
使用時サイズ182.9×50.8×1.9cm
R値2.6
価格6,820円

➾THERMAREST(サーマレスト) │Zライトソルの詳細を見る

【ウレタンマット】BUNDOK(バンドック) │フォールディングマット

BUNDOK(バンドック) │フォールディングマット
BUNDOK(バンドック) │フォールディングマット

重量315g
収納サイズ60×13×15cm
使用時サイズ180×60×1.0cm(突起まで約1.8cm)
R値
価格1,683円

➾BUNDOK(バンドック) │フォールディングマットの詳細を見る

【ウレタンマット】mont-bell(モンベル) │フォームパッド

mont-bell(モンベル) │フォームパッド 180

重量357g
収納サイズ51×15×11cm
使用時サイズ181×51×1.6cm
R値
価格売り切れ

【エアーマット】Naturehike(ネイチャーハイク) │インフレータブルスリーピングマット

Naturehike(ネイチャーハイク) │インフレータブルスリーピングマット
Naturehike(ネイチャーハイク) │インフレータブルスリーピングマット

重量470g
収納サイズ30×11cm
使用時サイズ195×59×6.5cm
R値
価格3,900円

➾Naturehike(ネイチャーハイク) │インフレータブルスリーピングマット

【エアーマット】THERMAREST(サーマレスト)│ネオエアー トレッカー

THERMAREST(サーマレスト)│ネオエアー トレッカー

重量550g
収納サイズ26×16×16cm
使用時サイズ190×56×5cm
R値3.0
価格売り切れ

【エアーマット】Volador│キャンピングマット

Volador│キャンピングマット

Volador│キャンピングマット

重量550g
収納サイズ26×16×16cm
使用時サイズ190×56×5cm
R値
価格3,499円

➾Volador│キャンピングマットの詳細を見る

【インフレーターマット】KLYMIT(クライミット)│INERTIA-O zone

KLYMIT(クライミット)│INERTIA-O zone
KLYMIT(クライミット)│INERTIA-O zone

重量362g
収納サイズ15.24×7.62×7.62 cm
使用時サイズ182.9×54.6×4.6cm
R値
価格21,517円

➾KLYMIT(クライミット)│INERTIA-O zoneの詳細を見る

【インフレーターマット】NEMO(ニーモ・イクイップメント)│ZOR™ 20R

NEMO(ニーモ・イクイップメント)│ZOR™ 20R

重量380g
収納サイズφ13×18cm
使用時サイズ183×51×2.5cm
R値2.7
価格12,650円

【インフレーターマット】mont-bell(モンベル)│U.L. コンフォートシステム アルパインパッド25

mont-bell(モンベル)│U.L. コンフォートシステム アルパインパッド25 180
mont-bell(モンベル)│U.L. コンフォートシステム アルパインパッド25

重量664g
収納サイズφ16×25cm
使用時サイズ180×50×2.5cm
R値
価格10,450円

➾mont-bell(モンベル)│U.L. コンフォートシステム アルパインパッド25の詳細を見る

【インフレーターマット】THERMAREST(サーマレスト)│トレイルスカウト

THERMAREST(サーマレスト)│トレイルスカウト
THERMAREST(サーマレスト)│トレイルスカウト

重量630g
収納サイズ28×14cm
使用時サイズ183×51×2.5cm
R値3.1
価格8,800円

➾THERMAREST(サーマレスト)│トレイルスカウトの詳細を見る

【インフレーターマット】ISUKA(イスカ)│ピークライトマットレス

ISUKA(イスカ)│ピークライトマットレス

重量580g
収納サイズφ13×26cm
使用時サイズ175×50×2.5cm
R値
価格9,900円

サイト地面に注目!自転車キャンプでおすすめのキャンプ場【関東】

自転車キャンプで行けるキャンプ場を、サイト地面のタイプ別に紹介します。

 

芝生のキャンプ場

館山サザンビレッジ
キャンプ場の中でも特に寝心地が良いとされる地面は芝生です。ただ芝生だからといって侮ってはいけません。マットは必ず持っていきましょう。

 

 

土・砂のキャンプ場


芝生のキャンプ場よりかは地面を感じやすいサイトです。ウレタンマットかエアーマットがおすすめです。

河原・砂利のキャンプ場

氷川キャンプ場 (4)
河原・砂利のキャンプ場はかなり地面が凸凹しているため、クッション性の高いマット選びがポイントです。

まとめ

自転車旅やキャンプツーリングでおすすめのマットを紹介しました。マットの種類によってそ、れぞれメリット・デメリットがあるため、パッキングスタイルにあわせて自分に合うマットを選ぶと良いでしょう。

  • 銀マット:軽さ重視で旅人感満載のどこでも寝れる人向け
  • ウレタンマット:クッション性重視でバックパックの外付けができる人向け
  • エアーマット:空気のベッドで快適さを求めている人向け
  • インフレーターマット:自動膨張型で寝心地抜群のマットを選びたい人向け

 

 

 

サイクリング×キャンプ 自転車旅の楽しみ方
スポンサーリンク
この記事を書いた人
自転車旅いとちゃん

自転車旅が大好きな人です。東京都内をメインに走ってます!自転車好きが高じてトライアスロンにも挑戦。自転車旅の魅力を発信します。最近は、自転車×キャンプ×サウナにどハマリ中。

■27歳│サラリーマン│都内
■クロスバイク/tokyobike(2016年9月3日~)
■ロードバイク/Bianchi(2019年8月17日〜)

自転車旅いとちゃんをフォローする
自転車旅いとちゃんをフォローする
自転車旅の記録
タイトルとURLをコピーしました