「自転車旅に、ワクワクを」をコンセプトに、自転車旅に関する情報をお届けします。

自転車キャンプでおすすめのテント6選! テントツーリングの方法まで解説!

サイクリング×キャンプ

これから自転車キャンプを始める場合、一番悩むキャンプ道具が「テント」の方は多いのではないでしょうか。

キャンプの経験があるならまだしも、特にキャンプ自体が初めての場合、何を基準に選べばいいのか気になりますよね。

この記事では、自転車キャンプでおすすめの軽量×コンパクト×快適を重視したおすすめテントを紹介します。

ロードバイクやクロスバイクの自転車ツーリングでテントを運ぶ方法も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

自転車キャンプのテント選びは軽量×コンパクト×快適

自転車キャンプで重要なポイントが、「軽量」「コンパクト」「快適」です。

ポイント①軽量:重さは3.0kg以下のテントを選ぶ
ポイント②コンパクト:収納サイズは横幅50cm以下のテントを選ぶ
ポイント③快適:タープがなくても日除け・雨避けできるテントを選ぶ

ポイント①重さは3.0kg以下のテントを選ぶ

自転車ツーリングでは、極力、身体に負担をかけないことが重要です。自転車キャンプで重視する楽しみ方にもよりますが、自転車ツーリングで50km~100kmの中・長距離を走る場合や標高の高いキャンプ場に行く場合などは、特に3.0kg以下の軽めのテントを選びましょう。

ポイント②収納サイズは横幅50cm以下のテントを選ぶ

重さの次に重要なのが、収納サイズです。自転車でテントを運ぶ場合は、自転車に積載するか、サドルバッグにパッキングする方法が考えられます。あまりにサイズが大きいと、持ち運びに苦労するため、どんなに大きくても横幅50cm以下で収納できるテントを選びましょう。

ポイント③快適:タープがなくても日除け・雨避けできるテントを選ぶ

自転車ツーリングでテントとタープを持ち運ぶのは、さらに重量が増すため、かなり身体に負担がかかります。できれば、タープは持たずにテントだけで済ませたいところです。そのため、タープがなくても日除けができるか、雨を凌ぐことができるか、に注意しましょう。

また、その他にも以下のような点に気をつけるとベストです。

・テントの中で食事できるスペースがあるか
・バッグや道具、靴などがテント内に収納できるか
・テントサイズに対応しているグラウンドシートがあるか

自転車ソロキャンプでおすすめ!軽量×コンパクト重視のテント3選

ソロで自転車キャンプツーリングに行く場合は、軽量×コンパクトを重視して、テントを選びましょう。

Naturehike(ネイチャーハイク)│Cycling Backpack Tentシリーズ(1.45Kg)

Naturehike(ネイチャーハイク)のテント
Naturehike公式ショップ テント 1人用テント サイクリングテント 超軽量 防水PU3000以上 アウトドア キャンピングテント (ネイビー20Dナイロン)

収容可能人数1人
シーズン4シーズン
タイプ自立式
重量1.45kg
収納サイズ40x12x12cm
使用時サイズ205cm(長さ)x156cm(幅)x110cm(高さ)/Φ15cm*40cm
フロア面積1.94㎡
素材フライシート:20Dナイロン・耐水圧PU4000mm
インナーテント:210Tポリエステル・PU3000mm+高密度B3ナイロンメッシュ
ポール:7001航空アルミ
グラウンドシート:150Dチェック柄オックスフォード布
付属品固定ボタン、ロープ*2、ペグ*8、専用シート
価格¥12,900(税込)

Naturehike公式ショップ テント 1人用テント サイクリングテント 超軽量 防水PU3000以上 アウトドア キャンピングテント (ネイビー20Dナイロン)

テンマクデザイン│パンダ ライト(1.94kg)

テンマクデザインのテント
テンマクデザイン パンダ ライト

収容可能人数1人
シーズン
タイプ非自立式
重量総重量(約):1.94kg(ペグ、張綱、収納ケース含む)

本体重量(約):1.55kg(フライシート、インナーシート、ポール)
収納サイズ430×140(高)mm
使用時サイズ フライシート
(約)2,400×2,400×1,500(高)mm
インナー
(約)2,200×1,000×1,350(高)mm
耐水圧1,500mm
素材・フライ:20Dナイロンリップストップ (PU/シリコンコーティング、シームテープ加工、耐水圧1,500mm)

・インナー:ポリエステルメッシュ
・インナーボトム:20Dナイロンリップストップ (PU/シリコンコーティング、シームテープ加工、耐水圧1,500mm)

・ポール:アルミニウム、Φ16mm×150cm
付属品アルミペグ×12本、張綱×4本、収納ケース
価格¥25,080(税込)

テンマクデザイン パンダ ライト

mont-bell(モンベル)│ U.L.ドームシェルター 2型(820g)

モンベルのテント
モンベル(mont-bell) テント ムーンライトテント 1型 グリーン GN [1~2人用] 1122286

収容可能人数1~2人
シーズン3シーズン(春~秋)
タイプ自立式
重量本体重量(約):865g
収納サイズ本体:縦26×径12cm
ポールバッグ:縦43×径6cm
使用時サイズ (約)2,100×1,300×950(高)mm
耐水圧600mm
素材 本体:15デニール・バリスティック エアライト®ナイロン・リップストップ
[耐水圧600mmウレタン・コーティング]
フロア:30デニール・ナイロン・リップストップ[耐水圧1,500mmウレタン・コーティング]
フレーム・本体ポール:アルミニウム合金(ポール径)∅8.5mm
付属品シェルター本体1、ポール2本
価格¥42,900(税込)

モンベル(mont-bell) テント ムーンライトテント 1型 グリーン GN [1~2人用] 1122286

自転車2人キャンプでおすすめ!快適性重視のテント3選

ソロキャンプではなく、2人でキャンプに行くケースもあると思います。2人とも自転車で行く場合や、どちらか1人が自転車でもう1人が電車で行く場合もあるでしょう。

2人でキャンプに行く場合のメリットは、持ち運ぶキャンプ道具を分散できることです。

そのため、2人でキャンプをする場合の自転車キャンプでは、快適性を重視したテントを選ぶと良いでしょう。

十分なスペースが確保できる横幅の目安は130〜200cmです。

DOD(ディーオーディー)│ワンポールテントS(3.1kg)

mont-bell(モンベル)│ クロノスドーム 2型(2.18kg)

ARAI TENT(アライテント) │エアライズ 2(1.55kg)

自転車キャンプでおすすめのテント収納方法

サイドバッグでテントを積載

サドルバッグでテントをパッキング

自転車テント泊ではなく、ハンモック泊の選択肢もあり

まとめ

テントの価格は
~10,000円
10,000円~30,000円
30,000円~

キャンプ初心者の場合、まずは10,000円ぐらいのお手頃テントを試してみるのがいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました