「自転車旅に、ワクワクを」をコンセプトに、自転車旅に関する情報をお届けします。

ナイトライドもおすすめ?東京都内の夜景サイクリングスポット5選!

夜の東京駅東京都内

みなさんは今まで夜のサイクリングをしたことはありますか?

サイクリングはもっぱら昼間という方も多いでしょう。たしかに明るい方が安全ですし、夜だと帰りの時間が心配ですよね。ですが、東京都内には夜に走るからこそ魅力的な観光スポットがたくさんあります。

この記事では、東京都内の夜のサイクリングでおすすめな観光スポットをご紹介します。普段は日中にサイクリングをする方も、ぜひ夜のサイクリングを楽しんでみてください。

スポンサーリンク

夜サイクリングがおすすめな理由

夜サイクリングのメリット

東京都内の綺麗な夜景を楽しめることがメリットです。

サイクリングが好きで、なおかつ写真も好きな人には非常におすすめです。日中とは異なり人通りが少ないことや気温も下がるので、比較的走りやすいこともポイントです。特に夏場もサイクリングしたい!という方は、夜であれば紫外線対策を気にしなくても良いので快適に走ることができます。

また、夜に運動をすると、1日のストレスを発散したり睡眠の質を高めることもできるという側面もあります。

夜サイクリングのデメリット

帰りの時間を気にしなくてはいけないため、遠出しづらい点がデメリットです。

車やバイクであれば遠方でも問題ありませんが、自転車の場合はそういうわけにもいきません。自分の走るペースや時間、コースを調整する必要があります。

慣れ親しんだ場所であれば、ある程度の土地勘はつかめていると思うのであまり問題はありませんが、夜に新しいコースを開拓するときは注意が必要です。

また、昼間よりも視野が狭くなるため夕方や夜間はどうしても見晴らしが悪く、より注意して走ることを心掛けなければいきません。

そのため、

  • 知らない街に行くときは、入念に道を下調べして心に余裕をもった状態でサイクリングする
  • ライトや反射板など、安全面に配慮した状態でサイクリングする

ことを意識しましょう。

日中とは違うデメリットがありますが、夜のサイクリングは魅力的なところも多いので、次に東京都内でおすすめの夜景サイクリングスポットを5つご紹介します。

東京都内の夜景が綺麗なサイクリングスポット

東京駅/千代田区

夜の東京駅

東京駅・丸の内駅前の開放感のある広場から、赤レンガで作られた綺麗な東京駅を眺めることができます。夜であればライトアップされているため、東京夜景が楽しめます。

写真撮影のスポットとしても特に人気な観光スポットです。また、近隣には商業施設KITTEをはじめ、自転車でサクッと立ち寄れる皇居や東京タワーもあるため、サイクリングコースの計画に組み込むのもよいでしょう。

昼の東京駅

芝公園・東京タワー/港区

東京タワー

東京都内のシンボルとして世界中から人気を誇る東京タワー。東京駅からは約3.4kmほどです。この東京タワーを間近で一望できるのが芝公園。ライトアップされた東京タワーの夜景を鑑賞しながら散歩するのがおすすめです。

付近には徳川家康にゆかりある有名なお寺「増上寺」もあり、観光客で賑やかになりますが、夜であれば人混みを避けることができます。また、春には桜が咲くため、夜桜と東京タワーの共演も楽しむことができます。

台場公園/港区

夜の台場公園

東京都内の夜景といえば、お台場といっても過言ではないでしょう。レインボーブリッジや東京タワー、大観覧車など、昼間とは一変した魅力的な夜景を楽しめる人気観光スポットです。

東京湾の夜景を一望できる台場公園で写真撮影しながら、ナイトライドを楽しむのがおすすめです。

多摩川/大田区

夕方の多摩川

自然豊かな河川である多摩川。全長138 kmを誇る人気なサイクリングロードです。多摩川のサイクリングは夜ではなく、夕刻がおすすめです。夜だと人通りは少なくなりますが、電灯がないためスピードを出しすぎると危険です。

ですが、夕方の17時~18時ごろであれば美しい夕焼けを見ることができます。多摩川沿いを走るときはこの時間帯は外せません。完全に暗くなる前に時間を調整して行くことがポイントです。

夜の多摩川

目黒川/目黒区

夜の目黒川

東京湾に注ぐ全長8kmの河川、目黒川。多摩川と比較するとスピードを出すようなサイクリングはできませんが、目黒~中目黒~池尻大橋にかけて夜ならではのライトアップされたおしゃれなカフェやお店の雰囲気を楽しむことができます。また、春には代名詞である夜桜を鑑賞できる観光スポットです。

目黒川の夜桜

まとめ

このように、東京都内には夜ならではの魅力的な世界を存分に楽しむことができる観光スポットがたくさんあります。普段、日中しかサイクリングしないという方も、いつもと違った景色を堪能してみてはいかがでしょうか。ナイトライドを楽しむためにもライトをしっかりつけて、安全には十分配慮してサイクリングしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました