「自転車旅に、ワクワクを」をコンセプトに、自転車旅に関する情報をお届けします。

自転車キャンプでおすすめのテーブルは?軽量・コンパクトなテーブル5選!

テーブルサイクリング×キャンプ

自転車旅・キャンプツーリングで使うテーブルは、軽量さとコンパクトさを意識したいところ。

パッキングのスタイルには、ロードバイクに積載するパニアバッグや手軽なバックパックなどさまざまですが、テーブルの収納サイズは縦長に幅をとるため、折りたたんだときのサイズ感も重要です。

自転車キャンプでのご飯を楽しむためにもテーブルは必要な道具で、自分のスタイルにあわせたテーブル選びがポイントになります。

この記事では、自転車キャンプ初心者向けに、テーブルの選び方や注意点、コスパの良い定番の人気テーブルなどを紹介します。

▽先におすすめのテーブルを知りたい方は
こちら(下に移動します)

スポンサーリンク

どれが使いやすい?自転車キャンプのテーブルの選び方

自転車キャンプのテーブル選びでおさえたいポイントを紹介します。

選び方①500g前後の軽量テーブルを選ぶ

ANOBA(アノバ)│ULソロテーブル

テーブルには、重さ500g以下タイプがいくつかあります。軽量化が求められる自転車キャンプでは、なるべく軽量化を優先して体の負担を減らすことをおすすめします。

テーブル表面が穴が空いているタイプだと、より軽量化されているため、おすすめです。

例:パンチングタイプのテーブル➾ANOBA(アノバ)│ULソロテーブル

選び方②持ち運びに便利なコンパクトサイズを選ぶ

Snow Peak(スノーピーク)│オゼンライト

ツーリング時のパッキングでどこにテーブルを収納するか、事前に決めておくと良いでしょう。テーブルは収納するときにA4サイズや細長タイプなど、さまざまな形状に折りたたむことができます。バックパックやパニアバッグであれば背面や外ポケットを使えるため、特に悩むことなくパッキングできます。

フロントバッグやサドルバッグだと収納が難しいかもしれないため、サイズを確認しておく必要があります。

例:2つ折りでコンパクトなサイズ感➾Snow Peak(スノーピーク)│オゼンライト

選び方③安定感のあるテーブルを選ぶ

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)│アルミロールテーブル

キャンプ飯を楽しみたい方は、安定感のあるテーブルを選びましょう。テーブルには主にバーナーやクッカーをのせるため、テーブル面積が広く、調理道具を不自由なく置けるか、テーブルの脚が崩れやすくないか、レビューなども確認しておくと安心です。

自転車キャンプのような軽量キャンプであれば、耐荷重3kgあれば十分でしょう。

例:テーブル面積が広く調理ストレスなし➾CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)│アルミロールテーブル

ロースタイルな自転車キャンプの注意点

自転車キャンプは、荷物の少なさから地面に近い場所で過ごします。テーブルやチェアの高さを低めにおさえたロースタイルなキャンプの過ごし方は、大人の遊び心をくすぐります。

ただし、軽量・コンパクトなテーブルを選んだとしても、窮屈な過ごし方にならないよう注意が必要です。

注意点①テーブルの高さと椅子の高さが合っているか

川井キャンプ場 (35)

テーブルの高さが低めであれば、椅子の高さも低めでないと、目線の高さがずれることになります。キャンプ飯を作るときも椅子に座ったときに無理なくテーブルの上で調理できるか、注意しましょう。

ロースタイルにおすすめのチェアもあるため、参考にしてみてください。

⇛参考:
自転車キャンプのチェアは超軽量”ヘリノックス・チェアゼロ”がおすすめ!選び方とポイントを解説

注意点②ツーリングスタイルに無理がないか

自転車キャンプ (3)

テーブルを2つ折りにたためたとしても、形状が平べったいため収納には注意が必要です。バックパックやパニアバッグであれば背面に収納できますが、フロントバッグやサドルバッグでは丸い形状でないと収納が難しい可能性もあります。

自転車キャンプでおすすめのバックパックはこちらで紹介しています。

⇛参考:
バックパックで自転車ソロキャンプ!バイクパッキングに必要な道具と軽量化の目安

注意点③調理道具もコンパクトか

キャンプ飯

ロースタイルの軽量テーブルは、調理道具を置ける範囲が限られます。クッカーやバーナーもコンパクトなサイズのものを選ぶようにしましょう。

軽量バーナーのおすすめはこちらで紹介しています。

⇛参考:
自転車キャンプの持ち運びに便利な軽量バーナー6選!おすすめの種類・選び方・使い方は?

自転車ソロキャンプの定番!おすすめテーブル5選

それでは、自転車ソロキャンプでおすすめのテーブルを紹介します。

超軽量!ANOBA(アノバ)│ULソロテーブル(76g)

ANOBA(アノバ)│ULソロテーブル

ANOBA(アノバ)│ULソロテーブル

重量76g
収納サイズ長さ26×幅13×高さ1.5cm
使用サイズ長さ24×幅13×高さ6cm
耐荷重1kg
価格7,678円

➾ANOBA(アノバ)│ULソロテーブルの詳細を見る

デザインがかっこいい!Snow Peak(スノーピーク)│オゼンライト(270g)

Snow Peak(スノーピーク)│オゼンライト

Snow Peak(スノーピーク)│オゼンライト

重量270g
収納サイズ長さ29.7×幅12×高さ0.5cm
使用サイズ長さ24×幅13×高さ8.5cm
耐荷重3kg
価格5,335円

➾Snow Peak(スノーピーク)│オゼンライトの詳細を見る

ソロキャンプの定番!SOTO(ソト)│フィールドホッパー(395g)

SOTO(ソト)│フィールドホッパー

SOTO(ソト)│フィールドホッパー

重量395g
収納サイズ長さ29.7×幅11×高さ1.9cm
使用サイズ長さ29.7×幅21×高さ7.8cm
耐荷重3kg
価格5,335円

➾SOTO(ソト)│フィールドホッパーの詳細を見る

コスパ重視!Moon Lence(ムーンレンス)│ アウトドアテーブル(465g)

Moon Lence(ムーンレンス)│アウトドアテーブル

Moon Lence(ムーンレンス)│ アウトドアテーブル

重量465g
収納サイズ長さ38×幅15×高さ2cm
使用サイズ長さ35×幅25×高さ11cm
耐荷重10kg
価格1,999円

➾Moon Lence(ムーンレンス)│ アウトドアテーブルの詳細を見る

面積が広い!CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)│アルミロールテーブル(700g)

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)│アルミロールテーブル

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)│アルミロールテーブル

重量700g
収納サイズ長さ40×幅6×高さ7cm
使用サイズ長さ40×幅29×高さ12cm
耐荷重30kg
価格1,655円

➾CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)│アルミロールテーブルの詳細を見る

まとめ

自転車キャンプでおすすめの軽量でコンパクトなテーブルを紹介しました。大人の遊び心をくすぐるロースタイルのテーブルで、自転車キャンプでの食事を楽しんでみてください。

サイクリング×キャンプ 自転車旅の楽しみ方
スポンサーリンク
この記事を書いた人
自転車旅いとちゃん

自転車旅が大好きな人です。東京都内をメインに走ってます!自転車好きが高じてトライアスロンにも挑戦。自転車旅の魅力を発信します。最近は、自転車×キャンプ×サウナにどハマリ中。

■27歳│サラリーマン│都内
■クロスバイク/tokyobike(2016年9月3日~)
■ロードバイク/Bianchi(2019年8月17日〜)

自転車旅いとちゃんをフォローする
自転車旅いとちゃんをフォローする
自転車旅の記録
タイトルとURLをコピーしました